宮城県PTA連合会の会員の皆様には、日頃より本会の活動に深いご理解とご協力を賜り、心より御礼申し上げます。
令和5年度に引き続き、宮城県PTA連合会会長を拝命いたしました東松島市の浅野直美と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

会員の皆様におかれましては、社会教育団体であるPTA組織として、各地域、各単位PTAにおきまして、今日的な様々な地域課題及び教育課題に一番近い場所で向き合い、解決に向け誠心誠意ご尽力いただいていることと推察いたします。
みやぎの子どもたちのために、温かい眼差しで支え続けていただいておりますことに、この場をお借りし、改めて衷心より敬意を表しますとともに、心からの感謝を申し上げます。

さて、近年、児童生徒を取り巻く環境は、日進月歩で進む情報化社会、多様な価値観が尊重され、現代社会の中におきまして、不登校、いじめ問題、デジタルメディアとの付き合い方等大変に複雑化しているのが現状です。
PTAそのものに対する考え方も多様化していますが、その様な時代だからこそ、PTAの役割と存在意義を、私たちの行動や活動からご理解いただき、地域の頼れる存在となれるよう責任を果たすべきではないでしょうか。

私たちが地域や社会に育まれて成長して来たように、次は未来を担う子どもたちに愛情をつないでいく責任があると考えます。互いに支え合い、子どもたち一人ひとりの健全な成長を図っていくことがPTAの目的であり、共に理解を深め合いながら歩みを進めてまいります。
そして、私たち大人が過ごす時間とは異なり、子どもが子どもでいる時間はとても貴重です。小学校、中学校生活の1年、1日、今この瞬間は決して戻すことはできません。子どもたちの「今」を大切にして将来への糧となる実りある時間とするため、家庭・学校・地域の連携をより確かなものとし、社会全体で守り育てる環境づくりを推進していくことが重要と考えております。

宮城県PTA連合会では、本年度の活動方針に「地域ぐるみで育てよう、心豊かでたくましいみやぎ子」を掲げました。この実現に向け、目的意識と主体性をもったPTA活動の展開に努めてまいります。
どうぞ、引き続き「みやぎの子どもたち」に惜しみない愛情を授けていただき、私たちも「今」しかないPTAとしてのかけがえのない時間の中で、親子共々充実したものにしていければ幸いです。
「みやぎに生まれて良かった」と子どもたちが思えるような、より良い環境づくりに力を合わせてまいりましょう。

宮城県PTA連合会
第34代会長 浅野 直美