本会は、教育を本旨とする民主団体として、不偏不党、自主独立の性格を堅持しながら、相互扶助の精神をもってPTA活動を推進することによって会員の福祉の向上と児童生徒の健全な成長を図ることを目的とする。

その目的の実現を期するため、本年度は、

地域ぐるみで育てよう、心豊かでたくましいみやぎの子

を主題に掲げ、次のような活動を展開していく。

1 「教育の原点は、家庭にある」ことから、親子のふれあい等を通して、基本的な生活習慣、豊かな情操、思いやりの心などを育てる活動に努める。

2 学校と家庭さらに地域社会を結ぶ協働教育、生きる力を育む志教育の懸け橋として、学校、行政と密なる連携を図りながら、目的意識と主体性をもってPTA活動の展開に努める。

3 連合体の活動が円滑に機能するように努めるとともに、今日的な教育課題の情報を収集し周知を図りながら課題解決の活動に努める。

≪ 本年度の活動重点項目 ≫

1 子育てに関わる今日的な教育課題の情報を会員に適宜提供するとともに、「いじめゼロ」を目指した活動を推進する。

2 家庭、学校、地域社会及び行政と連携を密にし、心身ともに豊かな子どもを育てるために、あいさつなどの基本的な生活習慣の確立について実践活動を推進する。

3 「第55回日本PTA東北ブロック研究大会富谷黒川大会・第72回宮城県PTA研究大会富谷黒川大会」が意義をふまえた大会となるよう実行委員会と連携し準備に当たり、県内PTA会員の心に響く大会となるよう本会の総力を結集し大会の運営に当たる。